継続性のある大規模修繕計画

建物の長寿命化を図るのに不可欠な大規模修繕工事

大規模修繕工事を確実に実行する意欲の続く管理組合

マンションに長く住み続けるのに不可欠な建物管理

マンションには鉄筋鉄骨造りが多いとはいえ、建物の外部は24時間、365日、昼夜に関係なく大気に触れて劣化し続けています。太陽光や風雨に曝されるだけでも影響を受けていますが、周囲から眺めていてもその劣化状態の変化が分かりません。ところが、大気中に含まれる腐食性物質によって建物の外壁や屋上に使われている材料は建物内部以上に劣化するスピードが速くなります。マンションは50年以上住み続けられると言われていますが、メンテナンス次第でその寿命が大きく変わります。一般的にマンションは入居後から住人全員で管理組合を立ち上げて建物や設備の管理を行っています。管理組合は素人集団ですから専門家に腐食や劣化状態をチェックしてもらい、必要なら補修するわけです。建物全体ではチェック箇所が多数に及ぶからといってマンション大規模修繕の代わりに部分的にチェックと補修を繰り返すのでは作業効率が良くなくて手間と費用がかかってしまいます。

築年数の経過とともに増えるマンションの腐食や劣化

そこで、殆どの管理組合では12年に1回程度の間隔で建物全体のマンション大規模修繕工事をまとめて行う習慣になっています。工事費の捻出にはどこのマンションでも普段から毎月、住人から修繕積立金を徴収し、計画的に積み立てて対応しています。但し、築年数がたつにつれて腐食、劣化箇所の増加が避けられないため大規模修繕工事を重ねるたびに工事費が余計にかかりやすくなります。このため、修繕積立金の徴収単価を新築当初のままにしていては大規模修繕したくても資金不足に陥ることもあります。中には、積立金不足で十分な工事を行うことができないマンションもあります。補修不十分な箇所があると腐食、劣化して雨漏り等の発生が早まり、住人の生活に影響を及ぼす事態になってしまうようになってしまいます。

住人間のコニュニティーを維持して管理組合運営

従って、マンション大規模修繕工事の是非は建物の寿命を左右するので、住み続ける限り管理組合が工事計画とそれを支える資金計画を両輪として管理していく必要性があるわけです。国内にマンション建設が本格化してから50年以上、経過したわけですから当初建てられたマンションの中には雨漏りや外壁破損等があって住み続けられないマンションもあると言われています。一方で、生活するのに全く支障ないマンションもあるわけです。高齢者の増加する社会が今後も続き、マンション住人の高齢化も着実に進んでいるので管理組合の運営の重要性が高まっていきます。大規模修繕工事を定期的に、かつ、確実に実行していく住人間のコミュニティーを維持していくことが大切なようです。

人気記事ランキング